メニュー

補助 循環器

 

 

 

HLP

 

脂質異常症の薬】

 

 

 

治療

スタチン
  • 心筋梗塞を強力に抑制する効果立証済
  • 肝内メバロン酸経路のHMG-CoA還元酵素を阻害し、コレステロール合成を抑制
  • 二次的に肝でLDL受容体発現→血中LDL取り込み→LDL低下
  • 適応:高LDL、家族性HLP(疑いも)、HTN、DM、喫煙など冠動脈疾患ハイリスク群
  • 心筋梗塞後はスタチン必須
  • 心筋梗塞予防効果は、LDL「the lower, the better」
  • 治療目標:LDL<140、AMI後<100、できれば70
  • 家族性HLP:LDL<100、できれば70mg/dl未満

  • クレストール(ロスバスタチン)
  • リピトール(アトルバスタチン)
  • リバロ(ピタバスタチン)
  • リポバス(シンバスタチン)
  • ローコール(フルバスタチン)
  • メバロチン(プラバスタチン)
副作用(二大副作用)
  • 肝機能障害
  • 筋肉障害
  • 1%程度。採血・筋肉痛確認。

 

ゼチーア(エゼチミブ)
  • 腸からコレステロール吸収を抑制
  • LDLもTGも高く、スタチンで場合に併用

 

ベザトール(ベザフィブラート)
  • 主にTGを下げる
  • 主に中性脂肪だけ高い場合

 

防風通聖散
  • 脂肪吸収を抑制、脂肪燃焼促進
  • 必ず適切な食事療法、運動療法が基本です。
  • ベタっとした脂肪便になる

 

 

家族性HLP(FH)

  • LDL受容体、アポB-100、PCSK9等、遺伝子異常
  • LDL値180−400のヘテロ型、500以上のホモ型
  • 日本人の場合数百人に一人と高頻度
  • FHでは早期から確実な動脈硬化治療、心筋梗塞予防の治療が必要

 

日本動脈硬化学会「FHについて」→http://www.j-athero.org/specialist/fh_s.html

  1. 高LDL-C血症(未治療時のLDL180以上)
  2. 腱黄色腫(手背、肘、膝、アキレス腱肥厚)あるいは皮膚結節性黄色腫
  3. FHあるいは早発性冠動脈疾患の家族歴(2親等以内の血族)

  • 続発性HLPを除外した上で診断する。
  • 2項目が当てはまる場合、FHと診断する。
  • FH疑いの場合、遺伝子検査診断が望ましい。
  • 皮膚結節性黄色腫に眼瞼黄色腫は含まない。
  • アキレス腱肥厚は軟線撮影により9mm以上にて診断する。
  • LDL≧250L以上→FHを強く疑う。
  • すでに薬物治療中の場合、治療開始前値を参考とする。

 

治療

治療目標:LDL<100。達成できない場合も、未治療時の50%未満の到達を目標

冠動脈疾患リスクが極めて高いため、厳格な脂質管理。

何も起こらないことが治療の効果であるため、治療を継続することが大きな課題。

暴飲暴食、運動不足など不適切な生活習慣がある場合は生活習慣の改善も重要です。

  • スタチン:クレストール(ロスバスタチン)、リピトール(アトルバスタチン)、リバロ(ピタバスタチン)、悪玉コレステロールを下げるスタチンと呼ばれる基本薬です。心筋梗塞を明らかに防ぐ作用があり、特に飲めない理由がない限り積極的に使います。家族性高コレステロール血症では管理目標値に到達するまで、必要があれば上限量まで使います。
  • ゼチーア(エゼチミブ):腸からのコレステロールの吸収を抑えます。
  • シンレスタール(プロブコール):胆汁中へコレステロールの排泄を促進します。
  • レパーサ(エボロクマブ)、プラルエント(アリロクマブ):新薬、PCSK9阻害薬。スタチンに併用する。肝LDL受容体分解を促進するPCSK9を阻害→血中LDLを劇的に低下(70%の低下効果)。二週毎or毎月皮下注(!)、LDLアフェレーシスからの離脱例も報告
  • LDLアフェレーシス、血液を体外へ循環させて、LDLを血中から直接取り除く方法です。上記の薬物療法にてLDLが十分に低下しない場合適応になります。

難病情報センター「家族性高コレステロール血症(ホモ接合体)」→http://www.nanbyou.or.jp/entry/65

 

・家族性高コレステロール血症→https://ochanai.com/familialhypercholesterolemia

 

 

 

心不全

定義・分類

原因

診断

 

BNP

予防

  • HTN
  • 冠動脈疾患
  • 肥満・DM
  • 喫煙
  • アルコール
  • 身体活動・運動
  • その他(コンプラ、社会背景など)

 

治療

HFrEF治療薬
  • ACE阻害薬
  • ARB
  • MRA(スピロノラクトン、エプレレノン(セララ))
  • β遮断役
  • 利尿薬 基本ループ薬、不十分時サイアザイド併用
  • 抗不整脈薬(アミオダロン)
  • SGLT2阻害薬(今後期待)

HFpEF治療薬

植込み型除細動器

心臓再同期療法

呼吸補助療法

運動療法

 

 

 

 

 

生活習慣病

HTN

薬剤

 

 

HLP

 

 

DM

 

 

HUA

 

   

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME