メニュー

花粉症の新治療

はじめに アレルゲン免疫療法 メリット ご理解ください 舌下免疫療法 診断 服用方法 副作用 慎重投与 こんな時は 通年性アレルギー性鼻炎

はじめに

花粉症でお困りの方、多いですよね。

花粉の時期になると、目は真っ赤で涙ポロポロ、お鼻ジュルジュルで息苦しい。

アレルギーの薬でごまかそうとするけど、眠くて眠くて。

とてもつらいですね。

アレルゲン免疫療法

ここではアレルゲン免疫療法をご紹介します。

アレルゲン(スギ花粉)を毎日服用して体に慣れさせ、花粉症そのものを治してしまおうという治療です。

症状を抑えるだけの従来の治療とは全く異なります。

中でも痛みがなく、自宅で実施可能な治療が舌下免疫療法(SLIT:スリット)になります。

メリット

  • 花粉症が治る/軽くなる
  • 花粉症の薬が要らなくなる/少なく済む
  • 治療を辞めた後も効果が持続する可能性
  • 他のアレルギーも軽くなる可能性
  • 喘息の発症を減らす可能性

 

ご理解ください

アレルゲン免疫療法は夢のような治療に思われますが、下記をご理解いただく必要があります。

  • 副作用がある
  • 急激に症状がよくなる治療ではない
  • 長期間(3〜5年)の内服が必要
  • 毎日の内服が必要
  • 月1回の通院が必要(オンライン診療もご検討下さい)
  • みなさまにも副作用をご理解いただく
  • 効果が実感できない場合がある(1年後に判定)
  • 内服中も通常通り花粉対策は必要
  • 症状が強ければ通常の薬の併用が必要

舌下免疫療法(SLIT)

診断

当院では血液検査で判定しています。

スギ花粉症と診断後、シダキュア®を処方します。

服用方法

  • 舌の下に薬を置きます。
  • 薬はすぐに溶けますが、1分間我慢してから飲み込んで下さい。
  • 5分間は飲食・うがいは禁止です。
  • 初回は院内で服用します(30分観察)
  • 問題なければ、以降1日1回自宅で服用
  • 内服前後2時間は、激しい運動・飲酒・入浴を避けて下さい。
  • 1週目は2,000単位(1日1回1錠)内服
  • 2週目以降は5,000単位(1日1回1錠)内服

副作用

ほとんどは軽症〜中等症の局所アレルギー

口の中やのどの不快感・違和感・かゆみ・腫れ、耳のかゆみ

治療開始1ヶ月程度が多く、それ以降は軽減します。

重大な副作用

血圧低下、アナフィラキシー反応

1,000回〜4,000回に1回と稀です。

慎重投与

喘息、悪性腫瘍、免疫低下状態、βブロッカー(心臓の薬)内服中、抗うつ薬内服、COPD、ステロイド内服、高齢者、妊産婦、小児、アレルギー体質の方

こんな時は

  • 喘息発作の時
  • 風邪など急性感染症にかかった時
  • 抜歯など口の中にキズ・炎症がある時

このような時はご相談下さい。

通年性アレルギー性鼻炎

花粉と関係なく年中鼻炎がひどい方。

ダニやハウスダストが原因かもしれません。

こちらも検査、アレルゲン免疫療法(ダニ抗原)が可能ですのでご相談下さい。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME