メニュー

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは    はじめに SASの検査(簡易PSG) SASの精密検査(精密PSG)   SASの治療(CPAP)    メリット   オンライン診療   ご理解ください

 

当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査・治療を実施しています。

オンライン診療をご利用いただければ、無理なく治療を継続できます。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠中に気道が塞がり、呼吸停止・息切れが繰り返し起こる病気です。

日中の眠気や集中力低下により、生活の質が低下するばかりか、交通事故や業務ミスなど社会生活への影響も大きいです。

生活習慣病だけでなく、心疾患や脳卒中のリスクを増加させます。

 

SASの症状

  • いびきがひどい
  • 寝ている時苦しそう、と言われる
  • 夜間苦しくて目が覚める
  • 日中の眠気・疲れ
  • 朝の頭痛
  • 高血圧が治らない
  • 夜中に何度もトイレに起きる 

気になる方は一度ご相談ください。

SASは肥満のない方にも十分起こりえます。

セルフチェックサイト

 

SASの検査(簡易PSG)

検査機器を貸し出します。

装着して一晩寝るだけの簡単な検査です。

 

SASの精密検査(精密PSG)

こちらは入院が必要ですので、

近隣の連携施設へご紹介となります。

連携施設で検査後、当院でCPAPを継続いただくことも可能です。

 

SASの治療(CPAP:シーパップ)

CPAPという機械をレンタルします。

睡眠中にマスクを装着し、機械で強制的に空気を送り込みます。

気道の圧力を高めることで気道の閉塞を防止し、無呼吸を防ぎます。

SASの治療は毎月の受診が必須です。

 

治療のメリット

生活の質が上がる
  • 日中の眠気が軽減する
  • 集中力・記憶力が向上する
  • 夜間頻尿が改善する
寿命が伸びる
  • 心疾患や脳卒中のリスクが下がる
  • 交通事故リスクが下がる
合併症率を下げる
  • 生活習慣病(高血圧、糖尿病)が改善する

 

オンライン診療

オンライン診療を利用すれば通院ストレスを大幅に削減できます。

長期間の治療が必要なSASこそ、オンライン診療のメリットが大きいです。

 

ご注意ください

無断キャンセル・通院中断があると、治療継続ができなくなり、機器レンタル費用が発生してしまいます(受診費用よりも高額です)。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME